顔はめパネル図鑑の追加情報

愛宕神社《東京都港区》

東京都港区、日比谷線「神谷町駅」から徒歩5分くらいのところにある愛宕神社。
標高26メートル、23区内で一番高い「愛宕山」の山頂にある神社なんですが、ここに2枚の顔はめパネルが設置されています。

まず1枚目!
なぜこの神社に西郷隆盛と勝海舟の顔はめパネルが設置されているのかというと、この地は江戸時代のおわりに勝海舟が西郷隆盛を誘い、ここで江戸のまちを見回しながら江戸城無血開城へと導いたという歴史があるんです。
そんなこんなで腕組みをした西郷どんと、勝海舟はんが仲良く顔はめパネルになっているというわけなんですね。

そして2枚目!
愛宕山の山頂にある神社というだけあって、愛宕神社の前には「出世の石段」と呼ばれる長くて角度のある階段があります。
この出世の石段をその昔、曲垣平九郎という人物が馬で登りきったというエピソードがあるのですが、この顔はめパネルではそんなお話を見事に再現しているんです。
穴の位置も曲垣平九郎と馬にそれぞれ開いていて、楽しく記念撮影できる一枚!

ちなみに神主さんによると、このパネルたちは実は2代目。
愛宕神社に少しでも親しみを持ってもらおうと、10年くらい前から設置されているみたいなんですね。

●撮影日
2019年3月16日

●場所
〒105-0002 東京都港区愛宕1丁目5
http://www.atago-jinja.com/

旅好きの人にはおすすめ!
年会費無料 Booking.comカード

顔はめパネル図鑑はワードプレスでつくっています!
自分でホームページを作りたい人は
WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る