歴史

  1. 西遊馬氷川神社《埼玉県さいたま市》

    埼玉県さいたま市にある『西遊馬氷川神社』。「西遊馬」と書いて「にしあすま」と読むこの神社の鳥居の前に、こんな顔はめパネルが設置されています。当時この辺りの地域で米の収穫を祝う娯楽の一つとして催された「力比べ」に使われた「力石」を持つ男性が描かれたデザイン。バッチリ人型に切り取られたボディ。

    続きを読む
  2. 麟翁寺《福岡県嘉麻市》

    福岡県嘉麻市にある「麟翁寺」。この入り口にこんな顔はめパネルが設置されています。かつて福岡を治めていた黒田氏の家臣だった母里太兵衛友信がデザインされた一枚。

    続きを読む
  3. 谷保天満宮《東京都国立市》

    東京都国立市にある『谷保天満宮』。およそ350本の梅林があるこのスポットは、毎年2月下旬から3月上旬にかけて梅まつりも開催されているんです。そしてこちらに設置されているのが梅林が彩られた美しくてポップな顔はめパネル。

    続きを読む
  4. 溝口神社《神奈川県川崎市》

    神奈川県川崎市にある溝口神社。溝の口駅からすぐのところにあるこの神社には、こんな顔はめパネルが設置されています。この神社の風景をバックに、神主さんと巫女さんに穴が開いているという神社顔はめパネルにはよく見られるデザインとなっています。

    続きを読む
  5. 清洲古城跡公園《愛知県清須市》

    白猟屋さんから寄せられたステキな顔はめパネル情報です!ありがとうございます!●白猟屋さんのコメント織田信長と濃姫😊後ろに見える清洲城は外壁工事中ですが、城内には入れます。愛知県清須市にある『清洲古城跡公園』。

    続きを読む
  6. 三嶋大社《静岡県三島市》

    静岡県三島市にある『三島大社』の顔はめパネルです。江戸時代に出された「東海道中膝栗毛」の旅のコースとなった三島ということもあって、パネルのデザインも物語の主人公「弥次さんと喜多さん」がポップ調に描かれています。

    続きを読む
  7. 道の駅 龍勢会館《埼玉県秩父市》

    埼玉県秩父市にある『道の駅 龍勢会館』。この地域で古くから催されている「椋神社例大祭」について知ることができる展示が並ぶスポットで、すぐ近くの龍勢茶屋ではお食事が楽しめたりもするんです。

    続きを読む
  8. 寂光院《京都府京都市》

    白猟屋さんから寄せられたステキな顔はめパネル情報です!ありがとうございます!●白猟屋さんのコメント大原にある平家物語ゆかりの寺、大原女のモデルは阿波内侍です京都府京都市にある『寂光院』。

    続きを読む
  9. ニュースパーク 日本新聞博物館《神奈川県横浜市》

    神奈川県横浜市にある『ニュースパーク 日本新聞博物館』。ここは新聞の歴史や、新聞の作られる工程を学べる博物館です。周辺の小・中学生の社会科見学の場所としてもよく利用されていて、現に僕が訪れた際もたくさんの小・中学生がここで新聞のあれこれを学んでいました。

    続きを読む
  10. 安兵衛茶屋《新潟県新発田市》

    海津ゆうこさんから寄せられたステキな顔はめパネル情報です!ありがとうございます!●海津ゆうこさんのコメント赤穂浪士の一人、堀部安兵衛の出身地にあります。 剣豪と言われた安兵衛にもかかわらず、このなで肩。肩を出さずに顔を出すのはなかなか大変です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る