埼玉県

  1. サイボクハム《埼玉県日高市》

    埼玉県日高市にある「サイボクハム」。ブタのテーマパークとして、美味しいお肉を食べられたり公園で遊べたり、温泉施設まであるスポットです。元々ここはたくさんの顔はめパネルが設置されていたのですが、この度フルリニューアルされてなんと合計10枚が設置されています。

    続きを読む
  2. 平成の森公園《埼玉県川島町》

    埼玉県川島町にある「平成の森公園」。たくさんの子供たちでにぎわう遊具スペースにこんな顔はめパネルが設置されています。川島町のマスコットキャラクター「かわべえ」と埼玉県のマスコットキャラクター「コバトン」を両脇に、このまちの特産品であるイチゴとイチジクを持った男女が描かれたデザイン。

    続きを読む
  3. パンダハウス《埼玉県戸田市》

    埼玉県戸田市、戸田駅から徒歩1分のところにある不動産屋さん「パンダハウス」。ここの顔はめパネルはリバーシブルタイプとなっています。両面ともに描かれたパンダがにぎやかで、一枚で二度楽しめるのはお得感を覚えますね。パネル自体も厚みがあってなかなかしっかりとした造り。

    続きを読む
  4. (有)八百政《埼玉県川越市》

    埼玉県川越市にある(有)八百政。お店外の路上にこんな顔はめパネルが設置されています。川越というまちは「川越昭和の街」と題して、顔はめパネルでまちを盛り上げているんです。こちらのお店には昭和を代表するプロレスラー、デストロイヤーにヘッドロックをされる様子を再現できる一枚。

    続きを読む
  5. おむすびとワッフルの店 福々スタンド《埼玉県川越市》

    埼玉県川越市にある『おむすびとワッフルの店 福々スタンド』。その名の通りおむすびと米粉を使ったワッフルを食べられるお店なのですが、ここにこんな顔はめパネルが設置されています。川越というまちは「川越昭和の街」と題して、顔はめパネルでまちを盛り上げているんです。

    続きを読む
  6. 川越いちのや《埼玉県川越市》

    埼玉県川越市にある老舗のうなぎ屋さん、いちのや。うなぎの食べ方もまだそんなに確立されていなかった1832年からオープンしているこのお店の前には、こんなナイスな顔はめパネルがコンニチハしていました。

    続きを読む
  7. るるるるおかしさん コクーンシティさいたま新都心店《埼玉県さいたま市》

    さいたま市のコクーンシティ内にある「るるるるおかしさん」。お店の名前も、販売されているお菓子も一風変わったお店で、「お菓子屋さんに来た」というよりは「メルヘンな世界に足を踏み入れた」ような気持ちにさせてくれるお菓子屋さんなんです。そして、ここにはこんな顔はめパネルが設置されています。

    続きを読む
  8. 西遊馬氷川神社《埼玉県さいたま市》

    埼玉県さいたま市にある『西遊馬氷川神社』。「西遊馬」と書いて「にしあすま」と読むこの神社の鳥居の前に、こんな顔はめパネルが設置されています。当時この辺りの地域で米の収穫を祝う娯楽の一つとして催された「力比べ」に使われた「力石」を持つ男性が描かれたデザイン。バッチリ人型に切り取られたボディ。

    続きを読む
  9. 東武動物公園駅《埼玉県宮代町》

    埼玉県宮代町にある『東武動物公園』。その名の通り東武動物公園を最寄りとする駅なのですが、ここにこんな顔はめパネルが設置されています。1枚目は東武動物公園で飼育されているヒグマがデザインされたパネル。

    続きを読む
  10. 吉見百穴《埼玉県吉見町》

    埼玉県吉見町にある『吉見百穴』。古墳時代末期に造られた横穴墓で国指定の史跡にもなっているスポットなのですが、ここにこんな顔はめパネルが設置されています。まちのマスコットキャラクター「よしみん」が描かれたデザイン。

    続きを読む
ページ上部へ戻る