顔はめパネル図鑑の追加情報

中野ブロードウェイ《東京都中野区》

東京都中野区、中野駅北口から中野サンモールをズンズン歩いていった先にある中野ブロードウェイ。
1966年に開業したこの施設は薬局や、100円ショップなど中野に住む人々の生活を支えるお店がたくさんありつつ、漫画やゲームなどのお店もたくさん!

日本が誇るサブカルの聖地としても君臨しているユニーク極まりない商業施設です。

そしてここには、そんなカルチャーなニオイがする顔はめパネルがあるんですよ。
入って2Fに上がると出現するのがこちらの顔はめパネル!
中野ブロードウェイのマスコットキャラクター 『PiPi』の「目」部分に顔をはめることができる不思議仕様です。
ちなみに『PiPi』は、世界に一羽しかいないピンクの鳥。

この「手」みたいに見える部分は実は耳らしく、そんな耳を羽がわりに飛行することができるというなかなか破茶滅茶な設定も我々の心を刺激してきます。

パネルと接してみると、それなりの年季が入っていることが確認できますし、この中野ブロードウェイを日々見守り続けているんだなぁと感じさせられますね。

お名前.com

●撮影日
2019年7月7日

●営業時間
10:00-20:00

●場所
〒164-0001 東京都中野区中野5丁目52
https://nakano-broadway.com/
JR線/東京メトロ東西線「中野駅」北口から徒歩5分

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

顔はめパネル図鑑はWordPressでつくっています!
WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る