顔はめパネル図鑑の追加情報

浅草演芸ホール《東京都台東区》

東京都台東区、浅草駅から徒歩5分ほどのところにある浅草演芸ホールの顔はめパネルです。
ここは落語や漫才、コントなどが毎日行われているスポットで、萩本欽一やビートたけしなど数多くの芸人さんを輩出したところとしても知られています。

そしてこの浅草演芸ホールの前に設置されていたのがこちらの顔はめパネル。
前回紹介したスポットに詳しく書きましたが、ここは浅草六区ブロードウェイ商店街と呼ばれる通りのなかにあって、六芸神と呼ばれる芸事の神様を祀っているスポットでもあります。

それに伴って六芸神の顔はめパネルが設置されているわけですが、浅草演芸ホール前に設置されているのは「話神」という話芸の神様。
古今亭志ん生 (5代目)、三遊亭金馬 (3代目)、柳家小さん (5代目)をイメージして作られたこの話神。

ちなみに僕が記念撮影しようとしたタイミングでちょうどお祭りが行われていたらしく、あさく侍というご当地キャラクターに噛みつかれながら顔をはめるというなかなかレアな一枚が撮れました。
髪をきちんと上げておでこを出した状態で撮影に臨もうとしていたときに急にあさく侍がやってきたのでご覧のような有様となっていますが、二人ともとても楽しそうだし記念写真としては100点の一枚ですね!

●撮影日
2016年6月13日

●場所
〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目43−12
https://www.asakusaengei.com/

家族旅行にうれしいお宿の情報が満載!
【JTB】ファミリー旅行特集

国内格安航空券ならさくらトラベル!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る