顔はめパネル図鑑の追加情報

洛楽《京都府京都市》

穴の大きさ!

京都府京都市、嵐山駅。
渡月橋という、夜はライトアップもされるステキな橋を渡って少し歩いたところにあったのは『洛楽』という京雑貨屋さん。
ここにこんな個性が爆発した顔はめパネルが設置されていました。
パネルのデザインは嵐山のゆるキャラ「月橋渡」。

彼の口部分に穴が開いているのですが、これが小さいのなんの!
以前、僕顔ハメ兄さんが『わんぱく相撲 北区大会』でつくった顔はめパネルの穴の大きさは幅17×高さ20センチです。
そして多少の誤差はあれど、大体の顔はめパネルの穴はこのサイズくらいなんです。
もう小さすぎて小さすぎて大興奮不可避だったのは言うまでもありません。

しかしこの月橋渡さんの顔はめパネルの穴は幅8.5×高さ7センチ。
世の中における顔はめパネルの穴の、およそ半分以下のサイズ感だったんですね。
こうして小さい穴に笑顔で顔面をイン!

●顔はめパネルデータ
サイズ:W81×H165.5㎝
穴の数:1つ
穴のサイズ:W8.5×H7㎝

●撮影日
2019年5月25日

●営業時間
9:00 〜18:00(季節変動有)

●場所
〒616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3−18
阪急嵐山線 嵐山駅から徒歩10分
https://rakuraku-kyoto.com/shop/

WordPressでつくる顔はめパネル図鑑!
WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

週末の宿、あります!
今週の宿予約

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る